50歳以上の人も活躍できる薬剤師の求人を見つける方法

50歳以上の薬剤師の資格を持つ人は、年齢的な理由で若い世代の人と比べて職場の選択肢が少なくなったり、正社員として働くのが難しくなったりすることもあります。そうした中、年齢のハンデを感じることなくキャリアを上手く生かすには、求人サイトや人材紹介会社を通じて、経験豊かなベテランの薬剤師を積極採用しているところや、定年制度がないところを職場の候補に選ぶという方法があります。


ベテランを対象とした薬剤師の就職イベントに足を運ぼう

50歳以上の薬剤師は、調剤や服薬指導の実務経験や能力が高く評価されることがあります。一方で、若手が重宝されがちな医療現場においては、年齢的な理由でフルタイムで働くことが難しかったり、転職後に給料が下がってしまったりするケースも珍しくありません。

そうした問題を解決するには、ベテランを対象とした薬剤師の就職イベントに足を運んで、自分の力を発揮できそうな職場をいくつか探してみるのがおすすめです。イベントによっては、50歳を超えて医療現場や製薬会社などで働き始めた薬剤師の話を聞けたり、各事業所の採用担当者と直接相談ができたりすることもあります。

そのため、就職活動を効率良く進めるうえで、多くの50歳以上の薬剤師の有資格者に高く評価されているイベントの内容を日ごろからチェックしてみましょう。また、イベントによっては、事前に予約をしなくても参加できるものや、一切の参加料金が掛からないものもあるため、少しでも就職活動に悩んでいるときには気軽に顔を出すと良いでしょう。

なお、規模が大きい会場で開かれるイベントに参加をする際には、時間内に興味のあるブースを上手く回れるようにシミュレーションをしておきましょう。

経験者優遇の求人数が多い医療系の転職サイトを利用しよう

経験者優遇の求人数が多い医療系の転職サイトは、50歳以上の薬剤師にとって理想的な求人媒体の一つとして評価されています。こうしたサイトの中には、単に求人検索ができるだけでなく、医療分野の転職に詳しいキャリアコンサルタントに相談に乗ってもらえたり、適職診断を受けられたりするところもあります。

そのため、なるべくお金や時間を掛けずに魅力のある職場を探すうえで、早いうちから登録者数の多い転職サイトを優先的に調べることがおすすめです。また、経験者優遇の薬剤師の求人の中には、十年を超える調剤の経験や管理職の経験が無ければ応募できないものも少なくないため、余裕を持って自分の経歴に合うものを見極めることが重要となります。

一般的に、大学病院や総合病院といった医療現場での経験が長い人や、薬剤師の他に様々な医療系の資格免許を持つ人は、転職サイトを通じて職場選びをすることで、短期間のうちに好条件の職場を見つけることが可能です。

一方、子育てや介護など様々な理由で一定期間現場を離れていた人は、内定が出るまでに数か月の期間が掛かることもあるため、じっくりと転職活動に向けて対策を立てることが大切です。

医療従事者へのフォローに力を入れている人材紹介会社を頼ろう

医療関係の就職サポートを専門に行っている人材紹介会社は、50歳以上の薬剤師にとって心強い存在として位置づけられています。特に、履歴書や職務経歴書の作成や面接の受け答えの仕方などの助言に力を入れている人材紹介会社は、様々な立場の求職者から支持が集まっています。

50歳以上の薬剤師の内定の実績が豊富な人材紹介者の取り組みについては、多方面のメディアで取り上げられることもあります。そこで、転職サイトを利用してもなかなか転職先が決まらないという人は、日ごろから評判が良い人材紹介会社の特徴を確認することがおすすめです。

また、自己アピールが苦手な人や、希望条件に合う職場を探したい人は、採用面接の際に専属のスタッフが同行してくれる人材紹介会社にお世話になることがポイントです。人材紹介会社のサポートの内容については、それぞれの会社の方針や求職者の希望などによって異なるため、時間を掛けて信頼のできる会社を見つけることが重要です。

その他、初めて人材紹介会社を利用するにあたっては、登録から内定までに掛かる平均的な期間をチェックしたり、主に対応してくれるスタッフとの相性にこだわったりすることが大切です。

採用の条件が比較的緩いドラッグストアを選ぶのもおすすめ

ドラッグストアの薬剤師の求人は、病院や介護施設などの現場と比べて採用の条件が比較的緩いことから、50歳以上の人の間でも注目が集まっています。また、大手のドラッグストアの中には人手不足の問題を解決する目的で定年制を廃止したり、再雇用制度を設けたりしているところもあります。

そこで、採用後に年齢を気にせずに働きたい人は、ベテランの活躍の場が用意されているドラッグストアを勤務先に選ぶことがおすすめです。最近では、各地の都市部を中心に、様々な理由で正社員として働くことができない人を対象として契約社員やパートとして積極的に採用をしているドラッグストアも多くあります。

そうした中、ドラッグストアで働くうえで、それぞれの店舗で薬剤師に期待されている役割や、日々の主な業務内容についてきちんと把握することが大切です。

身近な地域で働きたい時はハローワークで相談してみよう

50歳を超えて身近な地域で働きたい時には、管轄の地域の求人を多数扱っているハローワークを訪れて、専門のスタッフに条件が良い求人を紹介してもらうという方法もあります。たとえば、過去に医療機関や調剤薬局、ドラッグストアなど様々な現場で働いたことがある人や、体力や健康に自信がある人は、ハローワークで就職サポートを受けることで、短期間で内定を獲得することが可能です。

また、ハローワークでは民間の求人サイトに掲載されていない求人に応募ができることもあり、幅広い事業所の求人をチェックしながら、年齢や能力、キャリアなどに合う職場を見つけることが可能です。なお、あまり転職をした経験がない人は、ハローワークの担当者に書類選考の申込をする前に履歴書や職務経歴書の添削をしてもらったり、面接を受ける際の注意点について教えてもらったりすることがおすすめです。

50歳以上でも活躍できる薬剤師の職場を選ぶには

50歳以上でも活躍できる薬剤師の職場を選ぶには、ベテランや能力が高い人を積極採用している医療機関や調剤薬局、ドラッグストアの求人を優先的にチェックすることがおすすめです。『参考リンク - 薬剤師求人 - アポプラスステーション

また、必要に応じて医療関係の就職イベントに足を運んだり、ベテランの求職者のサポートに定評がある人材紹介会社やハローワークを頼りにしたりするのも良いでしょう。